2018/08/17 17:00

劇場版「コード・ブルー」興収64億円突破! 山下智久はMX4Dを初体験

興収は64億円を突破
興収は64億円を突破

 [映画.com ニュース] ドクターヘリが題材の人気ドラマシリーズを映画化した「劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」(公開中)の4D上映会が8月17日、東京・TOHOシネマズ六本木で行われ、出演した山下智久、有岡大貴、新木優子、馬場ふみかが舞台挨拶に出席した。

 2008年に放送が始まったドラマを、シリーズ10周年の節目に初めて映画化。17年のドラマ第3期で描かれた地下鉄トンネル崩落事故から3カ月後を舞台に、救命救急センターで職務をまっとうする藍沢耕作(山下)らが、「成田空港」と「海ほたる」で立て続けに発生した大事故に立ち向かう。7月27日に封切られ、22日間で累計観客動員500万人、興行収入64億円を突破。18年公開の実写邦画では第1位となる大ヒットを記録中で、8月12日時点で累計が52億円だったことを鑑みると100億突破も視野に入ってきた。

 山下は「10年間ともに歩んできた『コード・ブルー』を、たくさんの人に見ていただけた。皆さんから『背中を押してもらった』など、ポジティブなメッセージをいただけて、頑張ってきてよかった。感謝と幸せな気持ちでいっぱいです」と反響に感謝する。有岡は「子どもたちが“コード・ブルーごっこ”で遊んだりしていると聞いて、びっくりしました」と目を丸くし、新木は「『今日も見に行ったよ』とリピートしてくださる方がたくさん。何度見ても、私も感動してしまいます。すごく愛されている作品だと改めて感じました」とニッコリ。馬場も「上映が始まってからSNSで、フライトナースや看護師に『私もなるために頑張ります』など、メッセージをたくさん頂いています」と大喜びだった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >