2018/08/17 21:30

片桐仁、バンクシーの価値を生むマーケットの文脈に「乗っけてくれ!」

登壇した片桐仁
登壇した片桐仁

 [映画.com ニュース] 俳優で彫刻家の片桐仁が8月17日、東京・ヒューマントラストシネマ渋谷で行われた「バンクシーを盗んだ男」公開記念トークショーに出席した。

 舞台は、紛争地区に指定されているパレスチナ・ヨルダン西岸地区にあるベツレヘムの“分離壁”。世界から熱い視線を浴びる覆面アーティスト・バンクシーの人物像と、数千万円~1億円という超高額で取引される作品がもたらす影響力に迫る。「重いっすよね」とヘビーな内容に衝撃を受けていた片桐。「2年前に『バンクシー・ダズ・ニューヨーク』を見た時はポップな印象だったんですが、描いた場所がベツヘレムになった瞬間、こんな重たい話になっちゃうのかと。我々日本人からしたら遠い外国の話なんですけど、この映画が出来たことによって“知っちゃった”わけですよ。グラフィティを巡る色々な人々の思惑を知った以上、もう無視はできない」と感想を述べていた。

 「アートの価値は何を描くのかということから、誰が描くのかという点に移行していく。そして、アートの世界には価値を与える人がいて、作品を買う富豪たちがいる。そこでマーケットが出来上がる」と分析した片桐。自身も不条理なアート粘土作品を発表し続けているが「全く金にならない」ようだ。作品を購入したいと申し出る人もいないようで「『材料費くらいで作ってください』なんて無茶苦茶なことを言われることも(笑)。(自作は)サブカルチャーの範囲内。ウケたくて作っているところがあります」と語っていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >