2018/08/19 00:00

「死霊館のシスター」プロモ動画がコワすぎてYouTubeから削除

コワすぎてYouTubeから削除 (C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
コワすぎてYouTubeから削除 (C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

 [映画.com ニュース] 大ヒットホラー「死霊館」シリーズのスピンオフ最新作となる「死霊館のシスター」のプロモーション動画が、「怖すぎる」という苦情が殺到したことを受け、YouTubeから削除された。米Indiewireが伝えている。

 実際にあった心霊現象をベースにした「死霊館」シリーズの前日譚にあたる本作の舞台は、1952年。ルーマニアのカルタ修道院でひとりのシスターが自ら命を絶つが、事件には不可解な点が多く、真相を究明するためバーク神父(デミアン・ビチル)と見習いシスターのアイリーン(タイッサ・ファーミガ)が派遣される。調査の過程で修道院に隠された想像を絶する秘密にたどり着いた2人は、やがて恐るべき“悪魔のシスター”ヴァラクと命がけで戦うことになる。

 問題となったのは、YouTube動画の先付け広告用に作られたもので、音量マークが数秒間映し出された後、“悪魔のシスター”がカメラに向かっておぞましい叫び声を上げるという内容。わずか6秒の短いプロモながら、突然の大きな音と映像の変化で見る者を驚かせる「ジャンプ・スケア」と呼ばれる手法が「怖すぎる」と話題を呼び、10万超のリツイートを記録するなど、SNSを騒がせていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >