2018/08/20 19:00

【国内映画ランキング】「銀魂2」V、「七つの大罪」は5位、「ペンギン・ハイウェイ」10位スタート

初登場1位は「銀魂2」 (C)空知英秋/集英社 (C)2018映画「銀魂2」製作委員会
初登場1位は「銀魂2」 (C)空知英秋/集英社 (C)2018映画「銀魂2」製作委員会

 [映画.com ニュース] 8月18日~19日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。お盆休み明けの週末は、3週連続首位だった「劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」を押さえ、新作の「銀魂2 掟は破るためにこそある」が初登場首位を獲得した。同作は、空知英秋による人気コミックを小栗旬主演と福田雄一監督のタッグで実写映画化し、2017年の邦画実写でNo.1の大ヒットを記録した「銀魂」の続編。17日より全国470スクリーンで公開され、土日2日間で動員38万5000人、興収5億2800万円を稼ぎ出した。これは昨年7月に公開され、最終興収38.4億円を記録した前作の興収比97.6%。3日間では動員60万人、興収8億円をあげており、前作を超えることができるか注目される。

 首位の座を明け渡し2位に後退した「劇場版コード・ブルー」だが、週末2日間で動員30万6000人、興収4億2600万円をあげ、累計動員は538万人、興収は69億円を突破。「インクレディブル・ファミリー」は3位をキープした。4位となった「ミッション:インポッシブル フォールアウト」も公開15日間で興収30億円を突破。19日現在で34億円となり、60億円超えが見込める展開となっている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >