2018/08/21 04:00

高良健吾、中島貞夫監督新作で極限の殺陣を披露! 共演は多部未華子&木村了

84歳の巨匠・中島監督の新作「多十郎殉愛記」
84歳の巨匠・中島監督の新作「多十郎殉愛記」

 [映画.com ニュース]俳優の高良健吾が、84歳の巨匠・中島貞夫監督の最新作「多十郎殉愛記」で主演を務めることがわかった。中島監督が59年の映画人生で培った熟練のテクニック、高良をはじめ、多部未華子、木村了といった実力派若手俳優の才能が掛け合わさり、新たな“ちゃんばら映画”が産声を上げた。

 「新・極道の妻たち」「木枯し紋次郎」などで知られる中島監督が、約20年ぶりに手がけた長編劇映画。「殺陣の魅力を存分に見てもらうこと」をコンセプトに、時代劇における殺陣の魅力の根源を改めて探り、生身の人間が見せる極限のパフォーマンスや、1本の日本刀に込めた「男の情念」、すなわち「殉愛」を描き出す。

 高良が演じるのは、長州藩屈指の剣の達人でありながら、親の残した借金から逃げるように脱藩して京の都へ上洛(じょうらく)した下級武士・清川多十郎。自らの腕の使い道を知らず、場末の飲み屋「満つや」の用心棒をしながら日々の糊口をしのいでいるという設定だ。多部は、貧しい農家出身の「満つや」の雇われ女将・おとよ役として、主演・高良とともに淡い恋模様を表現。木村は、幼少期から多十郎を慕う腹違いの弟・数馬を熱演する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >