2018/08/21 18:00

【全米映画ランキング】アジア系がメインキャストのラブコメ「クレイジー・リッチ!」が首位デビュー

「クレイジー・リッチ!」が首位デビュー (C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND SK GLOBAL ENTERTAINMENT
「クレイジー・リッチ!」が首位デビュー (C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND SK GLOBAL ENTERTAINMENT

 [映画.com ニュース]3本の新作が公開された先週末の全米ボックスオフィスは、1位2位をワーナー・ブラザース作品が独占し、アジア系キャストによるラブコメ「クレイジー・リッチ!」が約2600万ドルのオープニング興収で首位デビューを果たした。

 1993年公開のディズニー傘下ハリウッド・ピクチャーズ配給「ジョイ・ラック・クラブ」(ウェイン・ワン監督)以来となるメインキャストが全てアジア系というハリウッドメジャー作品の同作はケビン・クワンによるベストセラー小説「クレイジー・リッチ・アジアンズ」(竹書房刊)が原作。

 ニューヨークで働くレイチェルは友人の結婚式のため帰郷する恋人ニックとともにシンガポールへ行くことに。その際に飛行機がファーストクラスだったことなどからニックがシンガポールの不動産王の御曹司であることを知る。だが、ニックの恋人としてシンガポールに降り立ったレイチェルの前に、文化の壁や令嬢ではないレイチェルを快く思わないニックの母親やニックの元恋人らが立ちはだかる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

しっかりした意見をいうと、周囲から認められるよ。現実的な大...もっと見る >