2018/08/21 22:06

篠原涼子&広瀬すず、「SUNNY」のカットシーンをめぐって意気投合

女子高生と一緒にコギャルの定番“エッグ”ポーズ
女子高生と一緒にコギャルの定番“エッグ”ポーズ

 [映画.com ニュース]韓国の大ヒット映画を豪華女優陣でリメイクした「SUNNY 強い気持ち・強い愛」の女子限定制服試写会が8月21日、東京・TOHOシネマズ六本木で開催され、主演の篠原涼子、広瀬すず、大根仁監督が登壇した。

 韓国で観客動員740万人を記録したカン・ヒョンチョル監督作「サニー 永遠の仲間たち」を、1990年代の日本を舞台にコギャルやJ-POPなど当時の流行をちりばめてリメイク。主人公・奈美は末期がんに侵されたかつての親友と再会を果たし、「死ぬ前にもう一度だけ、みんなに会いたい」という願いをかなえるため、女子高生時代の仲良しグループ「SUNNY」のメンバーとの再会をかなえようとする。篠原が現在パートで専業主婦となった奈美、広瀬が高校生時代の奈美を演じた。

 篠原と広瀬は10~40代のコギャル制服女子30人との写真撮影に続き、舞台挨拶に登壇した。制服姿の約300人のファンたちを前に、広瀬は「すごい景色ですね」と目を輝かせる。篠原は「これから青春の方もたくさんいると思うのですが、1990年代ってこういう時代だったんだって楽しんでいただけたらいいなと思っています」と挨拶したが、現役女子高生だけでなく、久々に制服を着た大人たちや、母娘での参加者もいるとわかると「本当に若い子しか来ていないだと思ってました。わからなかったです」と驚きを隠せなかった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >