2018/08/22 23:24

中島貞夫監督の20年ぶり新作「多十郎殉愛記」 主演・高良健吾、監督がヨーダに見えた

 [映画.com ニュース]「木枯し紋次郎」「新・極道の妻たち」で知られる84歳の巨匠、中島貞夫監督の20年ぶりとなる長編劇映画「多十郎殉愛記」(2019年春公開)の製作会見が8月21日、東京都港区海岸のインターコンチネンタル東京ベイで行われ、主演の高良健吾、共演の多部未華子、木村了、中島監督らが出席した。

 幕末の京都を舞台に、親の借金から逃れるように長州を脱藩した浪人の清川多十郎、店の用心棒である多十郎に好意を寄せる居酒屋のおとよ(多部)、多十郎を頼って上洛してきた腹違いの弟・数馬(木村)の物語。「殺陣の魅力を存分に見てもらうこと」をコンセプトに、生身の人間が見せる極限のパフォーマンスや1本の刀に込めた「男の情念」「殉愛」を描く。中島監督の教え子で、「私の男」でモスクワ国際映画祭最優秀作品賞を受賞した熊切和嘉監督が監督補佐を務めた。

 「極道の妻たち 決着(けじめ)」(1998年)以来、20年ぶりの劇映画となる中島監督は「けじめだと思って、題名をつけた。大阪芸大で若い人に教えているうちに、機会があれば、劇映画を撮りたいと思っていた。自分は京都で修行し、京都を舞台にした作品も多く、ちゃんばらにこだわりがある。ちゃんばらはマキノ省三さんが相当な苦労をしながらも、芸術として確立したもの。それが消えようとしている。ドキュメンタリーで『時代劇は死なず ちゃんばら美学考』(2016年)という作品を作ったが、ドラマとして実現したかった」と話した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

プライベート運が好調。ホームパーティーを開いて仲間を招くと...もっと見る >