2018/08/23 12:00

化石のプロが激白!太古の超巨大ザメ“MEG”、今も日本のどこかに?

メガロドンのこと、教えて、宮田さん! (C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.,GRAVITY PICTURES FILM PRODUCTION COMPANY,AND APELLES ENTERTAINMENT, INC.
メガロドンのこと、教えて、宮田さん! (C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.,GRAVITY PICTURES FILM PRODUCTION COMPANY,AND APELLES ENTERTAINMENT, INC.

 [映画.com ニュース] 全長23メートル、体重20トンの超巨大ザメ“メガロドン”の恐怖を描き、全世界興収3億ドル突破を果たした「MEG ザ・モンスター」。200万年前に絶滅したとされるメガロドンの真実とは? 本作の日本公開を前に、化石の専門家である城西大学化石ギャラリー学芸員・宮田真也氏が、太古の地球に実在した超巨大ザメについて解説した。

 そもそも、メガロドンとはどんな生物だったのか。宮田氏によれば「正確にはカルカロドン・メガロドン(またはカルカロクレス・メガロドン)と呼ばれる絶滅したサメ」だといい、1700万年くらい~260万年くらい前まで、地球上に生息していた巨大かつ凶暴なサメを指す。サメの先祖ではなく“絶滅したサメ”に該当するのだという。化石が世界中で見つかっており、ここ日本でも埼玉県、群馬県、茨城県、宮城県などでメガロドンの化石が産出された事例があるそうだ。

 メガロドンの大きさについては「サメは軟骨魚類なので、一番硬い歯の部分、または骨化している背骨しか見つかっておらず、正確な全長は不明です」。ただし、「見つかった歯の大きさから全体像を予測できる」といい、「一時期は20メートルを超えていたと考えられていましたが、現在は12メートル前後の大きさだったと推測されます」と解説。映画の中で大暴れするメガロドン“MEG”は、全長23メートルという設定で「信じられないくらい大きいですね」と驚きを隠せない様子だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

五感を生かした実用的な趣味が楽しい日。料理やアクセサリー作...もっと見る >