2018/08/24 09:30

“ナレーター”草刈正雄と監督が明かす「皇帝ペンギン ただいま」お気に入りシーンは?

南極ロケを経験している草刈
南極ロケを経験している草刈

 [映画.com ニュース] 第78回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞受賞作の続編「皇帝ペンギン ただいま」を手掛けたリュック・ジャケ監督が来日し、日本語版ナレーションを務めた俳優・草刈正雄と対面を果たした。

 マイナス40度にも達するという南極の過酷な環境で暮らす皇帝ペンギンたちの姿に、草刈は「何度も感極まってしまいました」という。ジャケ監督は草刈のナレーションを「さっきスタジオに少しお邪魔した時に、草刈さんの声を聞きましたが、オリジナルのナレーションを入れたフランス人の俳優(ランベール・ウィルソン)の声にすごく似てるなと思いました。自分が監督として『欲しいな』と思う声が彼の声だったんですね。それにすごく近かったので安心しましたし、とてもうれしかったです」と評価。草刈は「ありがとうございます」と感謝を述べた。

 草刈は1980年公開の「復活の日」で約1カ月間の南極ロケを体験しており、その点についても監督は「やはり現地に行った経験のある人は、画面に映し出される風や寒さとか、そういう自然の環境を見て分かっている訳で、まったく知らない人が同じ原稿を読むのと、その場所を知っている人が読むのとでは、伝わるものは違うと思うんです」と信条を語る。「その意味でも、南極を経験をされた俳優さんを選択してくださったのは、自分にとってとてもうれしいことです」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >