2018/08/24 11:00

ロザムンド・パイク、ボンドガールのオーディションで脱衣を拒否したことを告白

ロザムンド・パイク Photo by Pascal Le Segretain/Getty Images
ロザムンド・パイク Photo by Pascal Le Segretain/Getty Images

 [映画.com ニュース] 英女優ロザムンド・パイクが、ハル・ベリーと共にボンドガールを演じた映画「007 ダイ・アナザー・デイ」のオーディションにまつわる苦い体験を告白した。米ハリウッド・レポーターが伝えている。

 自身初となる朗読に挑戦したジェーン・オースティン著の古典「分別と多感」のオーディオブックのプロモーションのため、アマゾンのボイスブック配信サービス「オーディブル」がYouTubeで展開するトークシリーズ「オーディブル・セッション」に登場したパイク。

 ピアース・ブロスナンが4度目にして最後のジェームズ・ボンド役を務めた「007」シリーズ第20作「007 ダイ・アナザー・デイ」(2002)で華々しいスクリーンデビューを飾ったパイクは、「初めてのオーディションで、服を脱いで下着姿になるよう言われたの。本当にびっくりしたわ」と当時を振り返る。「どこにそんな度胸を隠し持っていたのか自分でも不思議なんだけど、その時こう思ったの。『お望み通り下着姿にならなきゃ、役をくれないってこと? 下着姿のオーディションテープをあちこちばら撒かれて、見た目だけで審査されるなんて冗談じゃない』ってね」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >