2018/08/24 14:00

木村拓哉はモノマネ、二宮和也は恐怖のアドリブ…「検察側の罪人」撮影秘話を告白

 [映画.com ニュース]作家・雫井脩介氏による小説を映画化した「検察側の罪人」が8月24日、全国335スクリーンで公開初日を迎え、主演の木村拓哉をはじめ共演の二宮和也、吉高由里子、八嶋智人、松重豊、メガホンをとった原田眞人監督が東京・TOHOシネマズ日比谷での舞台挨拶に出席した。

 エリート検事・最上(木村)と、若手検事・沖野(二宮)が、ある殺人事件をめぐって信念がすれ違い、互いの正義を賭した戦いへと身を投じるさまを描く。初共演となった木村&二宮の火花散る演技合戦が見どころだが、木村は「自分は、特にこうした、ああしたはない。すべて原田監督が導いてくれた結果が、スクリーンに映されています。監督に感謝です」と述べ、二宮は「伝えたいことが明確だからこそ、賛否がわかれる作品だと思っていました。(称賛の声が多く寄せられたことに)ありがたいですね」と晴れ晴れしい表情をのぞかせた。

 一方で原田監督は、木村の現場での“ある振る舞い”に言及。「モノマネが上手いんですよね。他のキャラになりきって、『(松重演じる)諏訪部だったら、こう言うよね』とやるんです。特徴をとらえているのと同時に、映画にとってプラスになる。木村さんの(モノマネ)提案で、それ面白い、やろうというのがいくつもあった」と明かすと、当の木村は「モノマネは『こういう感じ』と他人に伝えるには、それが一番早い、という手段です」と照れ笑いを浮かべた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >