2018/08/26 15:30

ソウルの女王アレサ・フランクリンさん死去で、伝記映画企画はどうなる?

アレサ・フランクリンさん Photo by Dimitrios Kambouris/Getty Images
アレサ・フランクリンさん Photo by Dimitrios Kambouris/Getty Images

 [映画.com ニュース]「ソウルの女王」として知られた米歌手アレサ・フランクリンさんが8月16日に死去したことを受けて、複数の映画企画の行方が不透明になっていると、米バラエティが報じた。

 MGMは以前からジェニファー・ハドソン主演のタイトル未定の伝記映画を準備中である。1998年にデイビッド・リッツと共著の自伝「Aretha: From These Roots」が出版されてから映画化に向けた企画開発がスタートし、脚本執筆に「Ray レイ」のテイラー・ハックフォード監督、フランクリン役にハル・ベリーなど、さまざまなクリエイターが関わったがいまだに実現していない。現在は、ジェニファー・ハドソン主演で準備が行われいるが、脚本や監督は決まっていない状況だ。

 1年半前から同企画にプロデューサーとして参加している音楽プロデューサーのハーベイ・メイソン・ジュニアは、先週までフランクリンさんと電話を通じて打ち合わせをしていただけに、「いろんな意味において、とても辛いです」と現在の心境を告白する。「まず、友達を失うことはとても辛いものです。しかも、彼女は世界を変えた音楽を生みだした国宝でした。さらに、映画のパートナーを失ったのです。彼女のことを思い出させ、慰めやいい思い出を提供し、みんなが微笑むことのできるような映画にしたいです」とコメント。なお、映画化に向けては、脚本執筆や監督捜しだけでなく、いくつかの権利をクリアしなくてはいけないという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仲のいい友達に囲まれて、平凡だけど幸せ気分。困っている人が...もっと見る >