2018/08/27 11:05

「HHhH」を映画化 “金髪の野獣”を描く「ナチス第三の男」19年1月公開

主演はジェイソン・クラーク (C)LEGENDE FILMS - RED CROWN PRODUCTIO NS - MARS FILMS - FRANCE 2 CINEMA - CARMEL - C2M PRODUCTIONS - HHHH LIMITED - NEXUS FACTORY - BNPP ARIBAS FORTIS FILM FINANCE.
主演はジェイソン・クラーク (C)LEGENDE FILMS - RED CROWN PRODUCTIO NS - MARS FILMS - FRANCE 2 CINEMA - CARMEL - C2M PRODUCTIONS - HHHH LIMITED - NEXUS FACTORY - BNPP ARIBAS FORTIS FILM FINANCE.

 [映画.com ニュース]本屋大賞の翻訳小説部門で第1位となった「HHhH プラハ、1942年」を映画化した「THE MAN WITH THE IRON HEART(原題)」が、「ナチス第三の男」の邦題で2019年1月から東京・TOHOシネマズシャンテほか全国順次公開されることがわかった。「猿の惑星:新世紀(ライジング)」などのジェイソン・クラークが主演し、「ゴーン・ガール」などのロザムンド・パイクらが共演している。

 本屋大賞のほか、フランスで最も権威のある文学賞「ゴング―ル賞」の最優秀新人賞に輝いた、仏作家ローラン・ビネによる世界的ベストセラー小説が原作。第二次世界大戦当時、アドルフ・ヒトラー、ハインリヒ・ヒムラーに次ぐ“ナチス第三の男”と称されたラインハルト・ハイドリヒを主人公に、彼がいかに“金髪の野獣”と呼ばれる恐ろしき人物へと変ぼうし、38歳の若さで暗殺されたのかを描く。

 映像化オファー殺到のなか、「フレンチ・コネクション 史上最強の麻薬戦争」のセドリック・ヒメネス監督が権利を獲得した。怪物・ハイドリヒの人間性に真正面から迫るとともに、彼を暗殺した青年たちの痛切な運命も瑞々しい心理描写で表現。ナチスとレジスタンスという両極の人々の足跡をたどり、想像を絶する真実を圧巻のリアリティで紡ぎ出した。

 クラークがハイドリヒに扮し、パイクが妻・リナ役で出演。ほかジャック・オコンネルとジャック・レイナーが若き暗殺実行者、ミア・ワシコウスカがその恋人を演じるなど、豪華キャストで激動の時代の真実を浮き彫りにする。あわせて披露されたポスタービジュアルでは、「なぜヒトラーでもヒムラーでもなく、彼だったのか?」という意味深長なコピーを添え、冷徹な青い瞳が印象的なハイドリヒの姿を活写している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >