2018/08/27 19:04

【国内映画ランキング】「検察側の罪人」V、「マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー」は7位スタート

木村拓哉と二宮和也の初共演作がV (C)2018 TOHO/JStorm
木村拓哉と二宮和也の初共演作がV (C)2018 TOHO/JStorm

 [映画.com ニュース] 8月25日~26日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。8月最後の週末は、「検察側の罪人」が「銀魂2 掟は破るためにこそある」を押さえ、首位デビューした。同作は、原田眞人監督がメガホンをとり、木村拓哉と二宮和也の初共演で、雫井脩介の同名ミステリー小説を映画化したもの。24日から全国335スクリーンで公開され、土日2日間で動員31万8000人、興収4億1600万円をあげた。これは2015年に公開され、最終興収46.7億円を記録した木村主演「HERO」の興収比56.8%の成績。公開3日間では動員44万7000人、興収5億8000万円をあげており、まずは興収25億円超えが期待できるスタートとなった。

 前週首位発進した「銀魂2」は2位に後退したが、週末2日間で動員26万9000人、興収3億7100万円をあげている。3位には「劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」がつけ、週末2日間で動員20万6000人、興収2億8500万円をあげて、累計動員は601万人、興収は77億円を超えた。4位の「インクレディブル・ファミリー」は累計興収が40億円を突破している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気になることがあったら徹底的に調べてみよう。周囲の人に教え...もっと見る >