2018/08/28 09:30

「寝ても覚めても」は「日常の中の非日常性を突きつける作品」 玄理と中井圭氏がトーク

 [映画.com ニュース]濱口竜介監督が東出昌大を主演に迎え、芥川賞作家・柴崎友香による同名恋愛小説を映画化した「寝ても覚めても」の試写会イベントが8月27日都内であり、女優の玄理と映画解説者の中井圭氏がトークを行った。

 第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に正式出品された本作は、ミステリアスな自由人・麦(バク)と、柔和で誠実なサラリーマン・亮平という、同じ顔をした2人の男と、その間で揺れ動く女性・朝子の8年間を描く。

 濱口監督の短編作品に出演経験のある玄理は、「他の監督とは演出が全然違っていた。みんなで頭を寄せ合って、棒読みで読みあってセリフを覚えていくんです。最初から固まった脚本があるのではなく、監督が役者にインタビュー形式で質問していって、その回答を録音したものを文字に起こし、キャラクターの深みをつけて、セリフに直している。そして別の日には、役として質問して、脚本を作っていくので、どのくらい本人を混ぜて、役にしているかわからない。東出君はこれを濱口メソッドと呼んでいて、同じことを『寝ても覚めても』でもやったそうです」と独自の演出方法を明かす。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人づきあいがキーとなる日。この人と思ったら、わかりあえるま...もっと見る >