2018/08/28 21:40

平手友梨奈、北村有起哉の誕生日に“サイマジョ風キック”をプレゼント!

「マンガ大賞2017」大賞受賞作を映画化
「マンガ大賞2017」大賞受賞作を映画化

 [映画.com ニュース]柳本光晴氏の人気漫画を「欅坂46」平手友梨奈主演で実写映画化する「響 HIBIKI」の完成披露試写会が8月28日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、平手をはじめ、共演の北川景子、アヤカ・ウィルソン、高嶋政伸、北村有起哉、野間口徹、メガホンをとった月川翔監督が登壇した。

 「マンガ大賞2017」の大賞を受賞し、累計発行部数は170万部を突破した「響 ~小説家になる方法~」を実写化。処女作で直木賞、芥川賞のダブルノミネートという歴史的快挙を果たす天才女子高生・鮎喰響(平手)が、様々な人々に計り知れない影響を与えていく。映画初出演にして初主演という大役を射止めた平手。オファー当初、響役は「絶対に無理。迷惑をかけるし、飽き性なので…」と感じていたようだが、撮了後は「『まだ、響でいたい』とずっと思っていました」と心境は変化していた。

 響の才能を見出す若手編集者・花井ふみ役の北川は、平手の魅力を“感覚のなさ”と説明。「カメラの前に立った時『目の色が変わる』『集中しているように見える』『役を研究してきたように思える』、いつもそういうスイッチが入った感覚がないらしいんです。役がひょう依した感覚もなく、自然と芝居をしている」と語ると、撮影前に何度も話し合いを重ねた月川監督も同調した。「鮎喰響が本当に存在しているという感じ。演技をしてやろうという欲が一切なく、ただ本当にキャラクターとして存在していた」と圧倒的な才能に舌を巻いていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >