2018/08/29 07:00

エリザベス・モスが語る「ハンドメイズ・テイル」が世間に与えた影響と今後の行方

エリザベス・モス The Handmaid’s Tale (C) 2018 MGM Television Entertainment Inc. and Relentless Productions LLC. All Rights Reserved.
エリザベス・モス The Handmaid’s Tale (C) 2018 MGM Television Entertainment Inc. and Relentless Productions LLC. All Rights Reserved.

 [映画.com ニュース]第75回ゴールデングローブ賞主要5部門制覇、第69回エミー賞2冠を達成した「ハンドメイズ・テイル 侍女の物語」シーズン2が、現在Huluで配信中だ。主演のエリザベス・モスが、今作が世間にもたらした影響や、シーズン2で描かれる女性たちの関係性の変化について語った。

 ドラマは、1980年代に出版されたカナダ文学界の巨匠マーガレット・アトウッドのディストピア小説が原作。環境汚染で少子化が深刻化したという設定のアメリカに生まれた新国家“ギレアド”で、上流階級の夫妻の子どもを産むための道具=侍女として生きる女性たちの姿を描いた。シーズン1では、主人公ジューン(モス)が夫や娘と引き離され、権力者であるフレッド・ウォーターフォードとその妻セリーナ(イボンヌ・ストラホフスキー)に仕える侍女オブフレッドとなるまでの過程や、侍女たちが国の体制に反旗をひるがえすさまを映し出した。

 数々のドラマ賞を総なめにしたシーズン1が放送されると、その影響はエンタテインメントの枠を越えて広がっていった。すべての自由を奪われた侍女の存在が、米トランプ政権や、女性の権利運動が高まっている時代にマッチし、ドラマの衣装が抗議活動や州議会で着用されるなどの社会現象を巻き起こしている。モスは、この事態に「ここまでとは予想していませんでした」と驚きながらも、「人々がこの題材にひかれた理由がそこにあると思っています」と理解を示す。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >