2018/08/29 10:00

チューリップが3億円!? A・ビカンダー主演作の特別映像公開

(C)2017 TULIP FEVER FILMS LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
(C)2017 TULIP FEVER FILMS LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

 [映画.com ニュース]フェルメールの絵画の世界を描いたベストセラー小説を、アリシア・ビカンダー主演で映画化した「チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛」の本編映像が公開された。物語の鍵を握る「チューリップバブル」の実態が紐解かれている。

 ビカンダーのほか、デイン・デハーン、クリストフ・ワルツ、ジュディ・デンチなど豪華キャスト陣が集結した本作。17世紀のオランダで、親子ほど年の離れた裕福なコルネリス(ワルツ)と結婚したソフィア(ビカンダー)は、夫婦の肖像画を依頼された若き画家ヤン(デハーン)と恋に落ちる。やがて、ソフィアとの未来のためヤンは希少なチューリップの球根に全財産を投資するが、この行動が2人の運命を大きく左右することになる。

 チューリップバブルとは、オランダに持ち込まれた富の象徴・チューリップをめぐる世界最大にして最古の経済バブルである。より珍しい変種を求め、貧富を問わず、人々はチューリップへの投資と収集に熱中し、球根の値段は高騰した。なかでも、繊細で優美な「センペル・アウグストゥス」という品種には、日本円に換算すると約3億円にもなる1万ギルダーの値がついたという。

 特別映像では、酒場の奥に広がる、異様な熱気を帯びたチューリップの取引場所が映し出されている。珍しい品種を落札しようと我を忘れて叫び、大枚をはたく人々。はかない花に全てを懸けたソフィアとヤンの行く末を案じさせる映像に仕上がっている。

 「チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛」は、10月6日から東京・新宿バルト9ほか全国で公開。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仲のいい友達に囲まれて、平凡だけど幸せ気分。困っている人が...もっと見る >