2018/08/29 19:00

青柳翔&町田啓太&鈴木伸之ら「劇団EXILE」全員出演!SABU監督作「jam」12月1日公開

物語の鍵握る3人が感慨のコメント (C)2018「jam」製作委員会
物語の鍵握る3人が感慨のコメント (C)2018「jam」製作委員会

 [映画.com ニュース]国内外で注目される鬼才・SABU監督による映画「jam」が、12月1日から全国公開されることが決まった。EXILE HIROがプロデュースする完全オリジナル新作で、青柳翔、町田啓太、鈴木伸之ら「劇団EXILE」のメンバーが全員出演。“疾走エンタテインメント・ムービー”を紡いでいく。

 「天の茶助」「Mr.Long ミスター・ロン」など、アジアはもとよりヨーロッパなどでもその名が轟く、SABU監督の最新作。キャストには映画「たたら侍」の青柳、NHK大河「西郷どん」の町田、ドラマ「あなたのことはそれほど」の鈴木をはじめ、特撮「ウルトラマンジード」の小澤雄太、「仮面ライダーエグゼイド」の小野塚勇人、映画「恋と嘘」の佐藤寛太、「ドクムシ」の秋山真太郎、「愛の病」の八木将康、“SWAY”こと野替愁平らが顔をそろえ、劇団EXILEメンバーが総結集した。

 今作の鍵を握る青柳は、「最近、劇団EXILEが全員で集まる機会が減っているなか、久しぶりにみんなと一緒に仕事が出来た作品。自分自身、俳優として歌手としても成長できたかなと思える作品になっていると思います」としみじみとコメントを寄せる。同じく町田も「劇団EXILEメンバー全員が揃い、ひとつの作品に挑戦させていただけて本当に嬉しかったですし、メンバーならではの一体感とそれぞれの個性が詰まった映画にもなっています」と明かし、鈴木は「タイトルにある『jam』とはいろいろな人間模様などが交差する、という意味も含まれた作品になっています! 一人ひとりのメンバーの個性も出ている作品になっていますので、公開まで楽しみにしていただけたらと思います! 今回特殊な役柄にチャレンジさせてもらいました」と語っている。

 「jam」は、12月1日から東京・新宿バルト9ほか全国で公開。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仲のいい友達に囲まれて、平凡だけど幸せ気分。困っている人が...もっと見る >