2018/08/30 11:00

ベン・アフレック、リハビリ施設入りでバットマン役継続に暗雲?

ベン・アフレック Photo by Steve Granitz/WireImage/Getty Images
ベン・アフレック Photo by Steve Granitz/WireImage/Getty Images

 [映画.com ニュース] アルコール依存症でまたしてもリハビリ施設入りしたことで、米俳優ベン・アフレックのバットマン役継続が危ぶまれている。

 アルコール依存の問題と向き合うべく2001年からリハビリを受けていたアフレックは昨年3月、「以前から取り組み、今後も対峙していくアルコール依存症の治療が完了しました」と治療を終えたことを自身のFacebookで宣言していた。だが8月22日(現地時間)、離婚申請中の妻ジェニファー・ガーナーがアフレックの自宅を訪ね、車に乗せて米ロサンゼルス郊外にあるリハビリ施設に向かうところをTNZがキャッチ。3度目となるリハビリ施設入所が発覚した。

 「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」「スーサイド・スクワッド」「ジャスティス・リーグ」の3作品でバットマンことブルース・ウェイン役を演じてきたアフレックだが、米Wrapが関係者から入手した話によれば、現在マット・リーブス監督のもと準備が進められている単独映画「ザ・バットマン(原題)」はもちろんのこと、「ジャスティス・リーグ」の続編が作られることになったとしても、アフレックが同役で続投する可能性はかなり低いという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりは柔らかいけれど、内面は決してゆずらない今日のあな...もっと見る >