2018/08/30 12:00

大人になった“僕”、親友プーさんにイライラ?堺雅人の演技収めた吹き替え映像

大人になった“僕”に、プーが届けたいものとは? (C)2018 Disney Enterprises, Inc.
大人になった“僕”に、プーが届けたいものとは? (C)2018 Disney Enterprises, Inc.

 [映画.com ニュース]  ディズニーの国民的人気キャラクター「くまのプーさん」を初めて実写映画化した「プーと大人になった僕」から、俳優・堺雅人が声優を務める主人公クリストファー・ロビンと、彼の大親友であるプーが、ロンドンから列車に乗り、100エーカーの森へ向かう吹き替え版本編シーンの一部が公開された。

 大人になったクリストファー・ロビンは、仕事中心の生活を送っており、プーと向かい合って座る電車の中でも、書類を広げて忙しそうにしている。一方、そんなクリストファー・ロビンをよそに、プーは窓から外を眺めながら「家……、雲……、木……、茂み……」とつぶやきながら、“目に入ったものを言うゲーム”を始める。

 仕事を邪魔されたと感じるクリストファー・ロビンが「見えたものをもっと静かに言って」とお願いすると、プーは声のボリュームを落とし「家……、草……、木……、池……、あれは何だかわからない」とひとり遊びを再開する。今も昔と変わらないプーは、成長する過程で、悲しい出来事を体験し、“大切な何か”を失ってしまったクリストファー・ロビンに、一緒に遊んだ少年時代を思い出させることはできるのか?

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >