2018/08/30 13:00

ベネチア映画祭開幕! オープニングに登場のライアン・ゴズリングに大歓声

Photo by Alessandra Benedetti - Corbis/Corbis via Getty Images
Photo by Alessandra Benedetti - Corbis/Corbis via Getty Images

 [映画.com ニュース]今年75回目を迎えたベネチア映画祭が、8月29日に開幕した。今年の話題はなんといっても、豪華なラインナップにある。ベネチアは近年、アカデミー賞レースのキックオフの場としてハリウッドでも注目を集めており、昨年はここで金獅子賞に輝いたギレルモ・デル・トロの「シェイプ・オブ・ウォーター」が、みごとアカデミー賞作品賞に輝いた。それだけにアメリカ映画の話題作も多く、「今年はカンヌより豪華」と言われている。

 21本のコンペティションに並んだ監督のおもな顔ぶれをざっと挙げるだけでも、一昨年の「ラ・ラ・ランド」に続き再びオープニングを飾る快挙を果たしたデイミアン・チャゼル、コーエン兄弟、ポール・グリーングラス、マイク・リー、ジュリアン・シュナーベル、アルフォンソ・キュアロン、ヨルゴス・ランティモス、ジャック・オーディアール、そして日本から唯一参加の塚本晋也など。

 そしてデル・トロが審査員長としてカムバックし、彼を囲む審査員メンバーには、クリストフ・ワルツ、ナオミ・ワッツ、ニコール・ガルシアら8名。全体に4対5で女性が多くなっている。審査員会見に出席したデル・トロは、コンペティションに期待していることを尋ねられると、「サプライズ、発見があることを期待している。僕にとって映画は商業性、文化性を超えたとてもパーソナルなつながりを感じるもの。だから審査員の経験はユニークなものになるだろう。でも(審査員が選ぶ)結果が、いわば人の人生を変えてしまうようなこともあるわけで、重大な任務だということを認識している」と発言した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >