2018/08/30 14:15

「アントマン&ワスプ」のキモは“バディ感”! 監督がタイトルへの思いを熱弁

「アントマン&ワスプ」を手がけたペイトン・リード監督
「アントマン&ワスプ」を手がけたペイトン・リード監督

 [映画.com ニュース] 特殊なスーツで身長を1.5センチに縮めたヒーローが活躍する「アントマン」の続編「アントマン&ワスプ」を引っさげ、約3年ぶりの来日を果たしたペイトン・リード監督が取材に応じた。

 アントマンことスコット・ラングを演じるポール・ラッド、アントマンスーツの開発者ハンク・ピムの娘ホープ・ヴァン・ダイン役のエバンジェリン・リリーが続投。ホープが満を持して、サイズを自由自在に変化させるワスプとして躍動する。マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の記念すべき20作目にして、初めて女性ヒーローの名がタイトルに冠されたメモリアルな本作は、最小にして最強のコンビであるアントマン&ワスプが共闘する“バディもの”としての見せ場も満載だ。

 「まさにその通り! この作品において、最もエキサイティングなのは、ワスプが本格的にヒーローとしてデビューを飾る点。だからこそ、題名も『アントマン2』ではなく、『アントマン&ワスプ』なんだ。ふたりがそろって主役だし、自然とストーリーにも奥行きが生まれた。つまり、彼らがチームワークを学び、関係性を強固にするプロセスが、重要なカギになるんだ。もともと原作コミックでも、男女バディとして活躍していたし、それを映画で表現するのは大きなチャレンジであり、チャンスだった」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >