2018/08/30 15:30

アカデミー賞“史上初”の候補!レバノン映画「判決、ふたつの希望」監督が製作秘話語る

来日した「判決、ふたつの希望」ジアド・ドゥエイリ監督
来日した「判決、ふたつの希望」ジアド・ドゥエイリ監督

 [映画.com ニュース] 第90回アカデミー賞でレバノン映画として初めて外国語映画賞にノミネートされた「判決、ふたつの希望」のジアド・ドゥエイリ監督が来日し、取材に応じた。キリスト教徒であるレバノン人男性とパレスチナ難民の男性との口論が裁判沙汰となり、やがて、メディアや大統領をも巻き込む全国的な事件へと発展していくヒューマンドラマ。クライマックスに下される“判決”について、共同脚本も手がけたドゥエイリ監督は「どんな結末にするか、4カ月悩んだ」と振り返った。

 クエンティン・タランティーノ監督作品でアシスタントカメラマンなどを務め、これが長編4作目となるレバノン出身のドゥエイリ監督が、自身の体験談に基づきメガホンをとった本作。度重なる紛争の歴史を背負ったレバノンの政治、宗教、民族といった複雑な問題を扱った内容だが、「世界に向けて、中東をめぐる社会的なメッセージを発したかったわけじゃない。本国では結果的に議論を巻き起こした部分もあるが、それが目的ではないし、見てくれる人が自由にテーマを抽出してくれれば、それで満足だよ」と語る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >