2018/08/30 21:45

ジェシカ・チャステイン主演アクションが監督交代 「ヘルプ」のテイト・テイラーに

「ヘルプ 心がつなぐストーリー」以来のタッグ Photo by Steve Zak Photography/FilmMagic/Getty Images、 Photo by Jessica Hromas/Getty Images
「ヘルプ 心がつなぐストーリー」以来のタッグ Photo by Steve Zak Photography/FilmMagic/Getty Images、 Photo by Jessica Hromas/Getty Images

 [映画.com ニュース] ジェシカ・チャステインが主演する新作「イヴ(Eve)」からマシュー・ニュートン監督が降板し、代わりにテイト・テイラー監督が決定した。

 テイラー監督はサスペンス「ガール・オン・ザ・トレイン」や、チャステインがアカデミー賞助演女優賞にノミネートされた「ヘルプ 心がつなぐストーリー」のメガホンをとっている。

 米ハリウッド・レポーターによれば、「イヴ」は先日、ニュートン監督・脚本作として製作が発表された。しかし、ニュートンはかつて交際していた女優や婚約者に暴行、DV行為を働いていた過去があり、チャステインに対してサイト「Care2 petition」でニュートン降板を求める嘆願が集まったため、ニュートンは本作から辞退することを発表した。

 チャステインは、性的暴行やセクハラ被害者を支援し、男女格差を是正するTime's Up運動を推進する中心人物の1人だ。「イヴ」はチャステインが製作・主演を務めるアクションで、ストーリーの詳細は不明だが、チャステイン演じる殺し屋を主人公に描く。

 なお、テイラー監督は「ヘルプ」でチャステインと共演し、アカデミー賞助演女優賞を受賞したオクタビア・スペンサーと再タッグを組む新作スリラー「Ma(原題)」も控えている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >