2018/08/31 13:15

柄本佑、三宅唱監督「きみの鳥はうたえる」は「ご褒美みたいな映画。自慢作になった」

(C)HAKODATE CINEMA IRIS
(C)HAKODATE CINEMA IRIS

 [映画.com ニュース]41歳で自ら命を絶った不遇の作家・佐藤泰志氏の同名小説を、「Playback」の三宅唱監督が、物語の舞台を東京から函館へ移して映画化した「きみの鳥はうたえる」が、9月1日公開される。柄本佑、染谷将太、石橋静河という若手実力派によるアンサンブルで、刹那なひと夏の恋と友情を美しく奏でる青春映画だ。主人公の“僕”を演じた柄本に話を聞いた。

 函館郊外の書店で働く“僕”と、一緒に暮らす失業中の静雄、“僕”の同僚である佐知子。いつしか恋人の関係になった“僕”と佐知子は、静雄と共に夜通し酒を飲み、踊り、笑い合う幸福な日々を送る。しかし、終わりゆく夏とともに、3人の関係にも次第に変化が訪れる。

 同じ劇場で映画を見ていた染谷に紹介されたのが、三宅監督との最初の出会いだそう。その後、改めて今作出演の話につながった。「『Playback』『THE COCKPIT』も見ていましたし、空気感や気が合うんです。話しやすくて、とても優しく正直な方なので、三宅監督のもとに人が集まるのはとてもよくわかります」とその独自の作風で注目を集める若手監督の人となりを明かす。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >