2018/09/01 14:33

カンヌ出品作「寝ても覚めても」公開 1人2役の東出昌大を愛したヒロインが涙

東出昌大と唐田えりか
東出昌大と唐田えりか

 [映画.com ニュース]第71回カンヌ映画祭のコンペティション部門に出品された映画「寝ても覚めても」が9月1日、全国42館で公開初日を迎え、主演の東出昌大をはじめ共演の唐田えりか、瀬戸康史、山下リオ、伊藤沙莉、渡辺大知、濱口竜介監督が東京・テアトル新宿での舞台挨拶に出席した。

 芥川賞作家・柴崎友香氏の恋愛小説を、「ハッピーアワー」の濱口監督が映画化。異色ラブストーリーでヒロイン役を務めあげた唐田は、最初の挨拶で「本当に大好きな作品が……、泣きそう!」と声を詰まらせる。瞳に涙を光らせながら「昨日の夜はクランクインの前日より緊張しました。今日を迎えることが、嬉しくもあり寂しくもあります。でも皆さんに届けることが出来て、本当に幸せです」と懸命に思いの丈を述べると、場内を温かい拍手が包み込んだ。

 正反対のキャラクターを1人2役で演じわけた東出は、「登場人物たちの行動には賛否があると思います」と切り出す。満場の客席に向けて「その賛否が、僕は嬉しいです」と呼びかけ、「ラブストーリーとはいえ難解な要素が含まれている。ただ、この映画の根底に流れる愛しさや憎しみに、嘘はないです。現場では、奇跡の連続がありました。帰り道で余韻をかみしめてもらえれば幸いです」とメッセージを託した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気になることがあったら徹底的に調べてみよう。周囲の人に教え...もっと見る >