2018/09/01 17:31

「僕のなかでは3年続いた作品」 柄本佑、主演「きみの鳥はうたえる」公開に“切ない喜び”

函館出身の作家・佐藤泰志氏による小説を映画化
函館出身の作家・佐藤泰志氏による小説を映画化

 [映画.com ニュース]函館出身の作家・佐藤泰志氏による小説を映画化した「きみの鳥はうたえる」が9月1日、東京・新宿武蔵野館で公開され、出演した柄本佑、石橋静河、染谷将太、足立智充、山本亜依、柴田貴哉、メガホンをとった三宅唱監督が舞台挨拶に出席した。

 北海道・函館郊外の書店で働く“僕”(柄本)と、一緒に暮らす失業中の静雄(染谷)、“僕”の同僚である佐知子(石橋)。いつしか恋人の関係になった“僕”と佐知子は、静雄とともに夜通し酒を飲み、踊り、笑い合う幸福な日々を送る。しかし、終わりゆく夏とともに、3人の関係にも次第に変化が訪れる。

 「そこのみにて光輝く」「オーバー・フェンス」などの原作で知られ、41歳で自ら命を絶った佐藤氏の同名小説を映画化。三宅監督は「素晴らしい俳優たちとこの映画を作ることが出来ました」と静かに喜びを語り、「佐藤さんの小説という、大きな器のなかで僕たちが自由に遊ぼせてもらった。僕にとって大事な作品。皆さんにとっても大事な作品になれば嬉しいです」と観客に呼びかけた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >