2018/09/01 21:00

「カメラを止めるな!」秋山ゆずき、上田慎一郎監督への感謝と壮絶な撮影現場を語る

(C)ENBUゼミナール
(C)ENBUゼミナール

 [映画.com ニュース]日本全国を熱狂の渦に包み込んでいる、上田慎一郎監督作「カメラを止めるな!」。8月26日時点で累計興行収入12億5700万円、同31日時点で観客動員100万人を突破し、“感染”の勢いは増す一方だ。そんななか、劇中で「よろしくで~す」が口癖のアイドル・松本逢花を演じた秋山ゆずきが、映画.comのインタビューに応じ、“37分ワンカット”の壮絶な撮影風景と、“映像のお芝居のお父さん”と慕う上田監督の人となりを語った。

 監督・俳優専門学校「ENBUゼミナール」のワークショップ第7弾として製作された作品。30分以上の長回し、前半と後半が大きく異なる構成、何度も本編を見たくなるようなアイデアの妙、共感を集めてやまないキャラクターなど、全編にみなぎる映画的興奮が観客を魅了している。

 現在25歳の秋山は、中学生から芸能活動を開始し、以後はモデルやグラビアなどで活躍。女優としては2010年ごろから舞台作品に出演し、今は映像作品を中心に活動している。上田監督の短編「恋する小説家」(11)で映画デビューを果たし、「カメラを止めるな!」ではENBUゼミナール外からの“ゲスト女優”として招かれた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >