2018/09/03 08:00

原作者・東野圭吾が「涙を堪えた」!「人魚の眠る家」コメント入り映像&場面写真が公開

わが子を抱きしめる薫子、究極の選択にどんな答えを出す? (C)2018「人魚の眠る家」製作委員会
わが子を抱きしめる薫子、究極の選択にどんな答えを出す? (C)2018「人魚の眠る家」製作委員会

 [映画.com ニュース]  国民的ベストセラー作家・東野圭吾氏から、自身の小説が映画化された「人魚の眠る家」を「間違いなく一級品の娯楽作品」と絶賛したコメント入り幕間映像と場面写真が公開された。

 東野氏の作家デビュー30周年を記念して執筆され、発売からわずか1カ月で27万部を超えるベストセラーとなった同名小説をもとに、日本映画界の鬼才・堤幸彦監督が映画化。篠原涼子と西島秀俊が夫婦役で映画初共演を果たした。

 すでに離婚が決まっていた薫子(篠原)と、会社経営者の夫・和昌(西島)のもとに、娘の瑞穂がプールで溺れ、意識不明になったという知らせが届く。医師からは脳死を宣告され、回復の見込みがないなか、夫婦は「脳死を受け入れ臓器を提供するか、心臓死をただ待つか」という究極の二択を迫られる。

 公開された場面写真では、わが子を抱きしめる薫子、離婚間近の和昌と微妙な距離を保ちながら冷め切った雰囲気漂う夫婦の姿、娘の治療として星野(坂口健太郎)が研究する最新技術を提案され、薫子が希望を見出すシーンなど、過酷な運命を背負った夫婦の姿が切り取られている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

しっかりした意見をいうと、周囲から認められるよ。現実的な大...もっと見る >