2018/09/03 18:38

【国内映画ランキング】「検察側の罪人」2週連続首位!

興行収入は14億円を突破 (C)2018 TOHO/JStorm
興行収入は14億円を突破 (C)2018 TOHO/JStorm

 [映画.com ニュース] 9月1~2日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。9月最初の週末は3本の新作がランクインしたが、首位は「検察側の罪人」がキープした。週末2日間で動員28万4000人、興収3億3900万円を稼ぎ出し、累計動員は114万人、興収は14億円を突破している。

 2位には前週と同じく「銀魂2 掟は破るためにこそある」が続き、週末2日間で動員25万6000人、興収3億0800万円をあげ、累計動員は188万人、興収は24億円を超えた。

 新作の「アントマン&ワスプ」は3位に初登場。同作は、身長1.5センチのヒーローを描いたマーベルスタジオ最新作となる。8月31日から公開され、土日2日間で動員23万9000人、興収3億2200万円をあげた。これは2015年9月に公開され、最終興収12.1億円を記録した第1作「アントマン」の興収比160.7%の成績。前作超えの興収が期待できる好スタートを切った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >