2018/09/03 19:00

物語の核は「銀杏BOYZ」の楽曲! 古舘佑太郎&石橋静河「いちごの唄」製作決定

脚本は岡田惠和氏が担当
脚本は岡田惠和氏が担当

 [映画.com ニュース] 人気ロックバンド「銀杏BOYZ」の峯田和伸と、脚本家・岡田惠和氏がタッグを組んだ映画「いちごの唄」の製作が決定。ミュージシャンであり俳優としても活躍もする古舘佑太郎が主演し、「生きてるだけで、愛。」(11月9日公開)、「二階堂家物語」(2019年1月25日公開)も控える石橋静河がヒロインを務める。

 NHK・BSプレミアムのドラマ「奇跡の人」、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」で“脚本家”と“出演者”という形で競演した岡田氏と峯田。意気投合した2人が発表した「いちごの唄」は、小説化と映画化を同時に進行。岡田氏は「銀杏BOYZ」の楽曲7曲からインスパイアされたオリジナルストーリーを紡いでいき、峯田は小説にイラストを提供するだけでなく、映画への出演も果たすことになった。

 冷凍食品の製造工場で働く笹沢コウタは、親友・伸二が死去してから10年後、かつて“天の川の女神”として慕っていたあーちゃんこと天野千日と偶然再会する。交通事故で他界した伸二の“死”を背負いながら生きていたコウタとあーちゃんは、伸二の命日に1年に1度“逢うこと”を約束。毎年逢瀬を繰り返すコウタは、次第にあーちゃんに恋心を抱くようになる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

しっかりした意見をいうと、周囲から認められるよ。現実的な大...もっと見る >