2018/09/03 20:40

中島貞夫監督、津川雅彦さんの死を偲ぶ 5回目迎える京都国際映画祭は10月11日開幕

中島貞夫監督は主演の高良健吾を絶賛
中島貞夫監督は主演の高良健吾を絶賛

 [映画.com ニュース] 吉本興業グループが企画推進する京都国際映画祭2018の会見が9月3日、京都・祇園花月で行われた。映画祭実行委員会・名誉実行委員長の中島貞夫、総合プロデューサーの奥山和由をはじめ、門川大作京都市長、俳優の大野拓朗、「吉本坂46」の高野祐衣らが登壇し、5回目を迎える本映画祭の概要を発表した。

 前身の京都映画祭から伝統と志を引き継ぎ、2014年に始まった京都国際映画祭は、映画にとどまらずアート、パフォーマンス、工芸など「映画もアートもその他もぜんぶ」が対象。第5回となる今年は「京都上映中。」がキャッチコピー、「京都で、つながる。京都で、ふれあう」がテーマで、ちゃんばらに象徴される“京都の情の精神”を軸に、アナログ・デジタル各世代をつないでいく。

 映画部門では、中島監督の約20年ぶりとなる長編劇映画「多十郎殉愛記」が、特別招待作品としてワールドプレミア上映。「殺陣の魅力を存分に見てもらう」がコンセプトの時代劇で、中島監督は「時代劇を若い俳優で。それだけでも迫力がある」と満足げで、「主演の高良健吾くんは(撮影の)1カ月くらい前から京都に入り、徹底的に殺陣を勉強してくれた。斬られ役の方々も、徹底的に準備してくれた。一番いいちゃんばらを見てもらえる」と大きな自信をのぞかせた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >