2018/09/04 08:00

エノケンに愛されたレジェンド俳優・柳澤慎一、60年ぶり主演作「兄消える」を「遺作にしたい」

 [映画.com ニュース] 戦後から活躍し、170本以上の映画に出演した85歳のレジェンド俳優・柳澤慎一(旧芸名・柳沢真一)と75歳の大ベテラン、高橋長英がダブル主演した映画「兄消える」(西川信廣監督、来年公開予定)がこのほど、完成した。近年でも、犬童一心監督の「メゾン・ド・ヒミコ」(2005)や三谷幸喜監督の「ザ・マジックアワー」(08)に出演した柳澤だが、主演は日活製作の「酔いどれ幽霊」(1958)以来、60年ぶり。杖なしでは歩くことができない重度の身体障害を抱える柳澤は「これを遺作にしたいと思っています」と話している。

 「兄消える」は長野・上田市を舞台に、町工場を細々と続け、100歳で亡くなった父親の葬式を終えた76歳の真面目な独身、鉄夫(高橋)の元に、40年前に家を飛び出した80歳の兄・金之助(柳澤)が若い女(土屋貴子)を連れて突然帰ってくるというストーリーで、正反対の性格の兄弟がつむぐ絆が描かれる。2016年、「のろい男 俳優・亀岡拓次」で第38回野間文芸新人賞を受賞し、俳優、劇作家、小説家として活躍する戌井昭人氏が脚本を手がけ、文学座のベテラン演出家・西川氏が映画を初監督した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >