2018/09/04 11:00

ウッディ・アレン監督の新作、性的虐待疑惑のあおりで公開が無期延期に

新作が事実上のお蔵入りの危機に 写真:Evan Agostini/Invision/AP/アフロ
新作が事実上のお蔵入りの危機に 写真:Evan Agostini/Invision/AP/アフロ

 [映画.com ニュース] ティモシー・シャラメ、ジュード・ロウ、セレーナ・ゴメス、エル・ファニングら豪華キャストが結集したウッディ・アレン監督の新作「A Rainy Day in New York(原題)」の公開が、どうやら棚上げになりそうだ。米Page Sixが独占で報じている。

 #MeTooや#Times Upなどの社会運動が勢いづく最中の今年1月、アレン監督の養女ディラン・ファローさんが米CBSのニュース番組に出演し、子どものころ義父から受けた性的虐待について初めてテレビで告白したことで、これまで幾度となく小児性愛者と指摘されてきたアレンに対する性的虐待疑惑が再燃。主演のシャラメが同映画の出演料をTime's Upほか3つの慈善団体に全額寄付すると宣言したのをはじめ、エレン・ペイジ、ミラ・ソルビノ、グレタ・ガーウィグといった女優陣がアレン監督作への出演を後悔しているとコメントするなど、非難が殺到していた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

プライベート運が好調。ホームパーティーを開いて仲間を招くと...もっと見る >