2018/09/04 11:00

実写映画版「キャッツ」、2019年12月に全米公開

豪華キャストが結集することでも話題に Photo by Anthony Harvey/Getty Image
豪華キャストが結集することでも話題に Photo by Anthony Harvey/Getty Image

 [映画.com ニュース] オスカー監督トム・フーパーが名作舞台ミュージカルを映画化する「キャッツ」の全米公開日が、2019年12月20日に決定した。米バラエティが報じている。

 ミュージカル「キャッツ」は、巨匠アンドリュー・ロイド=ウェバーがノーベル賞作家T・S・エリオット氏の詩をもとに、個性的な猫たちが都会のごみ捨て場で年に1度だけ開く特別な舞踏会を描いた作品。1981年に英ロンドンのウエストエンドで初演、翌年には米ブロードウェイに渡り、18年に及ぶ驚異的なロングラン記録を樹立した。

 本作は、「英国王のスピーチ」でアカデミー賞監督賞に輝いたフーパー監督が、世界的大ヒットとなったミュージカル映画「レ・ミゼラブル」の米ユニバーサル・ピクチャーズ&英ワーキング・タイトルと再びタッグを組んで、この舞台ミュージカルの金字塔を長編映画化するもの。フーパー監督がリー・ホール(「戦火の馬」)と共同で脚色を担当、本家舞台版を手がけたロイド=ウェバーとスティーブン・スピルバーグ、アンジェラ・モリソン(「レ・ミゼラブル」)が製作総指揮にあたるほか、英国ロイヤル・バレエ団常任振付家として知られる鬼才ウェイン・マクレガーが振り付けを担当する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >