2018/09/04 14:00

内山理名、シングルマザー役で考え抜いた「頑張る」という言葉の意味

ニセコ町での撮影を述懐
ニセコ町での撮影を述懐

 [映画.com ニュース] 女優の内山理名がシングルマザー役に挑んだ映画「single mom 優しい家族。 a sweet family」の完成披露試写会が9月4日、東京・渋谷のユーロライブで行われ、内山をはじめ共演の長谷川葉音、メガホンをとった松本和巳監督が出席した。

 「マツモトキヨシ」の創業者・松本清氏の孫で、政治活動を休止後に劇団「マツモトカズミ」を率いる松本監督のデビュー作。一人娘のエミリー(葉音)を育てるシングルマザー・愛実(内山)が、発達障がいを抱えるミニカー職人・鉄二(木村祐一)との出会いや、シングルマザー支援協会の助けを得て、悩みながらも自立の道を歩む姿を描く。

 内山は「脚本にすごく惚れて出演したいと思ったんです。それは最初から変わっていません。脚本を読んだ時から涙が止まらなかった」と松本監督が魂を込めて紡いだ物語を絶賛。「女性には色々流れがあると思うのですが、読んだタイミングでグッとくるものがあって。私自身はシングルマザーではないですが、それでも刺さるものがあるんですよね。それを伝えたいなと思いました」と語ると、松本監督は「劇中で描かれるエピソードは、ほぼ“事実”なんです」と打ち明けていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仲のいい友達に囲まれて、平凡だけど幸せ気分。困っている人が...もっと見る >