2018/09/05 08:00

「ファンタビ」最新作、7都市でファンイベント開催!造形美術監督も来日

全国7都市でファンイベントが開催される (c)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (c)J.K.R.
全国7都市でファンイベントが開催される (c)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (c)J.K.R.

 [映画.com ニュース] 世界的人気シリーズの最新作「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」のファンイベントが、10月上旬に全国7都市で開催されることがわかった。「ファンタスティック・ビースト」「ハリー・ポッター」の全作品で小道具を手掛ける造形美術監督のピエール・ボハナの来日も決定した。

 「ハリー・ポッター」シリーズの原作者J・K・ローリング自身が脚本を手掛け、魔法動物学者ニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)の壮大な冒険を描く第2弾。続編では、ニュートと仲間たち、ティナ(キャサリン・ウォーターストン)、クイニー(アリソン・スドル)、ジェイコブ(ダン・フォグラー)のほか、ニュートの恩師・ダンブルドア先生(ジュード・ロウ)や、黒い魔法使いグリンデルバルド(ジョニー・デップ)が登場する。

 前作のプロモーション以来約2年ぶりの来日が決定したボハナは、「ハリー・ポッター」シリーズでの空飛ぶほうきや魔法の杖、劇中に登場する競技クィディッチの試合で使用されたスニッチ、「ファンタスティック・ビースト」でも魔法の杖や、主人公ニュートのトランクなどの制作を担当した“小道具の魔術師”。さらに、「ダークナイト」「ゼロ・グラビティ」「ジャスティス・リーグ」「美女と野獣」「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」など、近年のハリウッド超大作の小道具を手掛けてきた。

 ファンイベントは東京、札幌、仙台、福岡、広島、大阪、名古屋の7都市で行われ、ボハナは全会場に来場予定。公開記念として、前作の試写会も同時開催される。「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」は、11月23日から全国で公開。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >