2018/09/06 09:00

DC映画「ジョーカー」、バットマンの父親役俳優がたった2日で離脱

アレック・ボールドウィン Photo by Roy Rochlin/Getty Images
アレック・ボールドウィン Photo by Roy Rochlin/Getty Images

 [映画.com ニュース] ホアキン・フェニックス主演のDC映画「ジョーカー(原題)」への出演が報じられた米俳優アレック・ボールドウィンが、報道からわずか2日後に作品からの離脱を発表した。

 同作は、バットマンの宿敵ジョーカーの誕生を描く意欲作。ボールドウィンの参加が決定し、バットマンことブルース・ウェインの父トーマス・ウェイン役を演じるのではないかと、米Deadlineなどが8月28日(現地時間)に伝えていた。しかしその2日後、「USAトゥデイ」に出演したボールドウィンは「スケジュールの問題」で出演しないと発表。報道ではトーマス・ウェインは1980年代のドナルド・トランプのような派手で日焼けした実業家と表現されていたが、ボールドウィンは自身のTwitterで「トッド・フィリップス監督の『ジョーカー』で、ドナルド・トランプもどきのキャラクターに雇われてはいない」と改めて出演を否定した。

 90年代に「レッド・オクトーバーを追え!」や「冷たい月を抱く女」などのハリウッド映画で主役を張っていたボールドウィンは、コメディドラマ「30 ROCK サーティー・ロック」(06~13)へのレギュラー出演をきっかけにコメディ俳優として開花。近年は、長寿バラエティ番組「サタデーナイト・ライブ」でのトランプ大統領のモノマネで一世を風びしている。トム・クルーズ主演の大ヒットシリーズ最新作「ミッション:インポッシブル フォールアウト」(公開中)ではIMF長官役を演じた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仲のいい友達に囲まれて、平凡だけど幸せ気分。困っている人が...もっと見る >