2018/09/06 16:00

今夏の北米累計興行収入は前年比14%アップ

前年比14%増 (C)Universal Pictures
前年比14%増 (C)Universal Pictures

 [映画.com ニュース] 9月3日のレイバーデイ(労働者の日)をもって、北米映画興行のサマーシーズンが終わりを告げた。ロサンゼルス・タイムズ紙によれば、映画館離れが危惧されていたのにも関わらず、今年の北米累計興収は前年比14%以上アップの推定44億ドルに到達した。

 「ジュラシック・ワールド」「アベンジャーズ」「インクレディブル・ファミリー」「ミッション:インポッシブル フォールアウト」など、人気シリーズの最新作がお披露目されたことに加え、「マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー」「オーシャンズ8」「クレイジー・リッチ!」など女性向け映画が公開されるなど、上映作品に多様性が生まれたこと、さらに今年は期待外れの作品がなかったことなどが要因とされる。

 今夏は好成績をあげた北米市場だが、今後は例年通りかそれ以下の成績になるとみられている。最大の理由として、2015年から必ず年末に封切られていた「スター・ウォーズ」の新作上映がないことが挙げられる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >