2018/09/07 11:00

アルフォンソ・キュアロンが「ハリポタ」監督になった裏にギレルモ・デル・トロの存在

アルフォンソ・キュアロン監督と ギレルモ・デル・トロ監督 写真:AP/アフロ
アルフォンソ・キュアロン監督と ギレルモ・デル・トロ監督 写真:AP/アフロ

 [映画.com ニュース] 新作映画「ローマ(原題)」を携え、このほど米コロラド州で開催された第45回テルライド映画祭に参加したメキシコ出身の鬼才アルフォンソ・キュアロン監督が、「トリビュート・トゥ・アルフォンソ・キュアロン」と題されたパネルに出席。ハリウッドに本格進出するきっかけとなった監督作「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」をめぐる興味深い裏話を披露した。米Indiewireが伝えている。

 2001年の監督作「天国の口、終りの楽園。」が、アカデミー賞脚本賞ならびにゴールデングローブ賞最優秀外国語映画賞にノミネートされるなど高い評価を得たことで、J・K・ローリングの世界的ベストセラーを映画化したファンタジーシリーズ第3作「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」(04)の監督に大抜擢されたものの、オファーを受けた当初はまるで興味がなく断るつもりだったというキュアロン監督。そんな彼の背中を押したのは、他でもない同郷の盟友ギレルモ・デル・トロ監督だった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >