2018/09/07 14:00

「愛しのアイリーン」、新井英樹氏「若い女の子に見てほしい」 大森靖子とトーク

 [映画.com ニュース] 安田顕主演の映画「愛しのアイリーン」の公開記念トークイベントが9月6日、都内で行われ、原作者の新井英樹氏、吉田恵輔監督、歌手の大森靖子氏が登壇した。

 「ワールド・イズ・マイン」「宮本から君へ」など、社会の不条理をえぐる作品で知られる新井氏が、40代まで恋愛を知らずに生きてきた農村育ちの主人公が300万円という貯金をはたいてフィリピンから嫁を迎え、家族内や地域で巻き起こる騒動を描いた。安田が主人公の岩男を演じる。

 互いの作品のファンだという新井氏と大森氏は、「表現をやってると、売れたいとかじゃなくて、届いてほしい人に届くと満足する」と、表現者としての観点で共感し合う。新井氏は「漫画家なんて人生経験がないような人たち。影響を受けたものや、好きなものをこねくり回して作っている。でも、コンプレックスから舐められちゃだめ。自分もかなり尖ろうとしていたと思う。若いうちは尖ったほうがいいと思うし、尖った後は、潰れた方が良いと思う」とキャリアを振り返り、「描いた本人はあれだけど、自分が生み出した人間は好き」「『宮本』でサラリーマンを描いて、難しい部分もあったので、『アイリーン』では好きな人間だけ出そうと思った」と、自身の作品に登場する、人間味のあるキャラクターについて言及する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を仕切る立場にたちやすい日。でも自分は表に出ないほうが吉...もっと見る >