2018/09/07 16:00

第75回ベネチア映画祭賞レースは激戦必至?さまざまな下馬評が飛び交う

ヨルゴス・ランティモス監督の「The Favourite」 Photo by Vittorio Zunino Celotto/Getty Images
ヨルゴス・ランティモス監督の「The Favourite」 Photo by Vittorio Zunino Celotto/Getty Images

 [映画.com ニュース] 第75回ベネチア国際映画祭も終盤に差し掛かり、さまざまな下馬評が飛び交い始めた。現時点で批評家、一般の観客ともに評価が高いのは、アルフォンソ・キュアロンの「Roma」、ヨルゴス・ランティモスの「The Favourite」、ジャック・オーディアールの「The Sisters Brothers」、オープニングを飾ったデイミアン・チャゼルの「ファースト・マン」だ。

 キュアロンの作品は自身の子ども時代の思い出を反映した、モノクロのパーソナルな物語。ブルジョワファミリーに仕える使用人の視点を通して、メキシコの階級社会とその中の人間関係を見つめる。ビットリオ・デ・シーカの「自転車泥棒」を彷彿させるような、シンプルながら力強いヒューマンドラマだ。

 「ロブスター」や「聖なる鹿殺し」など、奇妙で不条理な作風で知られるランティモスの新作は、18世紀初頭の英国王室を舞台にしたドラマ。歴代の女王のなかで最も人気がないと言われるアン王女(オリビア・コールマン)と、その愛人で実権を握っていたレディ・サラ(レイチェル・ワイズ)、そして新参の召使いの立場から女王の信頼を得てあっという間に権力を握るようになるアビゲイル(エマ・ストーン)の熾烈な三角関係を描く。これまでのランティモス作品に比べわかりやすいものの、この監督らしい毒気たっぷりの仕上がり。三女優の火花散る共演がみごとだが、そのなかでもコールマンは女優賞の呼び声が高い。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >