2018/09/08 21:30

最小限の言葉、裏設定…東出昌大「寝ても覚めても」の“濱口メソッド”を熱弁

興味深いトークを展開
興味深いトークを展開

 [映画.com ニュース] 芥川賞作家・柴崎友香氏の小説を映画化し、第71回カンヌ映画祭のコンペティション部門に出品された「寝ても覚めても」(公開中)のティーチインが9月8日、東京・テアトル新宿で行われ、主演の東出昌大、メガホンをとった濱口竜介監督が登壇した。

 ミステリアスな自由人・麦(バク)、柔和で誠実なサラリーマン・亮平という同じ顔をした2人の男を演じた東出は、関係者初号、カンヌに続き、観客とともに3度目の鑑賞。「3度目の今日が一番心に響いたので、つくづく自分は凡人だなと思いました(笑)」と感想を述べながらも、改めて「出演しておきながら、傑作だったなと思っちゃいました。こういう映画に今後も出たい――こういう映画がつくれればと思います」と濱口監督とのタッグに充実の笑みを浮かべていた。

 「相手のお腹に鈴が垂れていると思ってセリフを発する。そういう風にイメージするとお腹がキュッとなり、こちらが欲している発声に近づく」といった独特の演出方法「濱口メソッド」を実践する濱口監督。ラストシーンにおける「東出のカメラ目線」に関する質問が飛ぶと、「余計なことを言うと、余計なことを考えてしまう。だから『こんなところにカメラが割り込んで大変申し訳ないんですけど、カメラを見てください』とだけ」と最小限の言葉を意識したようだ。「実は大好きなカット」と明かした東出は、「撮影が終わって『なんでカメラを見てくださいとだけ言ったんですか?』と聞いたら、『あの時の顔をお客さんに見せたかった』と言ってくださった」と振り返っていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

しっかりした意見をいうと、周囲から認められるよ。現実的な大...もっと見る >