2018/09/10 05:00

広瀬すず、コメディ映画初主演!“一度死んでみた”堤真一&“ゴースト”吉沢亮と共演

“父のことが死ぬほど嫌いな女子大生”に挑戦!
“父のことが死ぬほど嫌いな女子大生”に挑戦!

 [映画.com ニュース] 女優の広瀬すずが、2020年に全国公開される「一度死んでみた(仮題)」でコメディ映画に初主演することがわかった。初タッグを組む堤真一、NHK連続テレビ小説「なつぞら」でも共演する吉沢亮のサポートを受け、テンション高く毒を吐きまくる“父のことが死ぬほど嫌いな女子大生”というハジけたキャラクターに挑戦する。

 「犬と私の10の約束」「ジャッジ!」で知られる澤本嘉光のオリジナル脚本を、テレビCM「三太郎」シリーズを手がけた浜崎慎治監督のメガホンで映画化。犬猿の仲の親子が「少しだけ死ぬ薬」を巡って巻き起こす騒動を、次々と繰り広げられる笑いとギャグの応酬、予測不能なスピード感ある展開で描き出す。

 大学4年生の野畑七瀬(広瀬)は、製薬会社社長の父親・計(堤)と2人暮らし。計が大嫌いな七瀬は、「一度死んでくれ!」と日々毒づいていた。そんなある日、偶然完成した「一度死んで2日後に生き返る薬」を飲んだ計が、本当に“一度死んでしまう”。自身の会社を乗っ取ろうとする犯人をあぶりだすための秘策だったが、事情を知らない七瀬は動揺しまくり。そして“おばけ”となって姿を現した計、存在感が薄すぎて“ゴースト”と呼ばれている製薬会社社員・松岡卓(吉沢)とともに「乗っ取り計画の阻止」「計を無事に生き返らせる」というミッションに挑むが、事態は思いもよらない方向に舵を切る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人づきあいがキーとなる日。この人と思ったら、わかりあえるま...もっと見る >