2018/09/10 12:00

柄本佑が1人2役に挑んだ「ポルトの恋人たち 時の記憶」予告編入手

俳優3人が1人2役に挑む (C)2017『ポルトの恋人たち』製作委員会
俳優3人が1人2役に挑む (C)2017『ポルトの恋人たち』製作委員会

 [映画.com ニュース] 柄本佑、アナ・モレイラ、中野裕太がそれぞれ1人2役を演じた日本、アメリカ、ポルトガル合作映画「ポルトの恋人たち 時の記憶」の予告編を、映画.comが先行入手した。遥か向こうにある理想の地を見つめ寄り添う、柄本とモレイラが扮する恋人たちの姿が、背後に広がる海の青みがかった映像で切りとられている。

 今作では、オダギリジョー主演「ビッグ・リバー」やドキュメンタリー「フタバから遠く離れて」などで知られる舩橋淳監督が、日本人監督として初めてポルトガルとの合作映画を手掛けた。物語の舞台は、18世紀のリスボン大震災後のポルトガルと、21世紀の東京オリンピック後の日本。登場人物の立場は時代や場所によって変化しながらも、同じプロットが反復され、乗り越えられない境界線によって恋人と引き裂かれた女の愛と復しゅうを描いている。

 予告編では、3人の俳優が体現する6人もの人物の感情が、時代を超え交錯する様子が映し出されている。なかでも柄本が、ポルトガルパートでの日本人奴隷と、静岡・浜松パートでの移民労働者を無情にも解雇するエリート会社員を演じ分けたほか、英語のセリフにも初挑戦。“サウダージ”と称される郷愁、憧憬、思慕、切なさなど言葉にできない感情が渦巻き、ポルトガルの楽器・ファドの音色が響く印象的な映像に仕上がっている。

 「ポルトの恋人たち 時の記憶」は、11月10日から東京のシネマート新宿・心斎橋ほか全国公開。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を仕切る立場にたちやすい日。でも自分は表に出ないほうが吉...もっと見る >