2018/09/11 06:00

韓国の民主化闘争描く「1987、ある闘いの真実」チャン・ジュナン監督に聞く

1987年の韓国民主化闘争の実話を映画化したチャン・ジュナン監督
1987年の韓国民主化闘争の実話を映画化したチャン・ジュナン監督

 [映画.com ニュース]1987年の韓国民主化闘争の実話を描いた「1987、ある闘いの真実」が公開された。行き過ぎた取調べによって命を落とした大学生の悲劇から、韓国全土を巻き込む民主化闘争へと展開していく様を、徹底的なリサーチにより、リアルに描き出した社会派ドラマ。チャン・ジュナン監督に話を聞いた。

--1987年、監督は高校生でした。その当時の記憶や民主化闘争に対してどのようなイメージを抱いていましたか?

 「私は当時、全州に住む平凡な高校3年生でした。自分の住む地域でもデモは多く行われていて、登下校の際にデモをする姿を良く目撃していました。また授業中に催涙弾の匂いのために窓を閉めきって授業していたことも覚えています。忘れられないエピソードがあります。ある日、友人に“学校の近所にあるカトリックの聖堂で不思議なビデオを見せてくれるらしいから一緒に行こう”と誘われました。好奇心旺盛だった私は友人と一緒にそれを見に行きました。その時に見たのが、「タクシー運転手~」に登場するドイツ人記者、ユルゲン・ヒンツペーターが撮影した光州事件の映像でした。劇中、カン・ドンウォンに誘われてヨニたちが見た映像です。それを見た時、とても恐ろしかった。韓国でこのようなことが起きたということが信じられませんでした。そして、その事実を大人達が誰一人として語ろうとしないことが私にとってはもっと衝撃でした」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >