2018/09/11 19:10

第12回田辺・弁慶映画祭コンペ部門、過去最高165作品から入選7作品決定!

品田誠監督「不感症になっていくこれからの僕らについて」 (C)田辺・弁慶映画祭実行委員会
品田誠監督「不感症になっていくこれからの僕らについて」 (C)田辺・弁慶映画祭実行委員会

 [映画.com ニュース] 多くの若手監督を輩出し、“インディーズの登竜門”として年々注目度が高まっている「田辺・弁慶映画祭」。第12回コンペティション部門の入選作品が決定した。

 今年は4月13日から7月13日までの3カ月間にわたり募集を行い、応募総数は過去最高を更新する165作品。ハイレベルな作品の中から予備審査を経た7作品が入選した。応募者の男女数は男性127人、女性38人で、平均年齢は31.7歳だった。

 選ばれたのは、近藤啓介監督「ウーマンウーマン」、野村奈央監督「からっぽ」、石井達也監督「すばらしき世界」、福田芽衣監督「チョンティチャ」、品田誠監督「不感症になっていくこれからの僕らについて」、根岸里紗監督「三つの朝」、西川達郎監督「向こうの家」。

 この7作品は11月9、10日の2日間にわたって上映され、11日の表彰式で弁慶グランプリ、キネマイスター審査員賞、観客賞、映画.com賞、男優賞、女優賞の各賞が審査の上発表される。今年の特別審査員は、掛尾良夫(城西国際大学メディア学部教授)、松崎健夫(映画評論家)、沢村敏(東京テアトル)に加え、映画監督の三島有紀子、入江悠が務めるのも話題となっている。

 各賞受賞作品は副賞としてテアトル新宿、シネ・リーブル梅田での上映権を得ることになっており、ここから新たに商業映画デビューを飾る監督が輩出されるか注目だ。11月9日から11日まで和歌山県田辺市の紀南文化会館で開催。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を仕切る立場にたちやすい日。でも自分は表に出ないほうが吉...もっと見る >