2018/09/12 11:00

ドゥニ・ビルヌーブ版「デューン」にレベッカ・ファーガソン

レベッカ・ファーガソン Photo by Michael Loccisano/Getty Images
レベッカ・ファーガソン Photo by Michael Loccisano/Getty Images

 [映画.com ニュース] 「メッセージ」「ブレードランナー 2049」のドゥニ・ビルヌーブ監督が手がけるリブート版「デューン 砂の惑星」に、レベッカ・ファーガソンが出演交渉中であることが明らかになった。米バラエティが報じている。

 スウェーデン出身のファーガソンは、「ミッション:インポッシブル フォールアウト」で前作に続きイルサ・ファウスト役を演じているほか、「グレイテスト・ショーマン」ではオペラ歌手ジェニー・リンド役を熱演。今後は「アタック・ザ・ブロック」のジョー・コーニッシュ監督の新作「The Kid Who Would Be King(原題)」や「メン・イン・ブラック」のスピンオフ(F・ゲリー・グレイ監督)、「シャイニング」の続編「ドクター・スリープ」(マイク・フラナガン監督)などへの出演も決まっており、引く手あまただ。

 SF作家フランク・ハーバートの「デューン 砂の惑星」シリーズは、デューンと呼ばれる砂に覆われた惑星アラキスを舞台に、抗老化作用を持つ香料メランジを巡る争いと権力闘争を描く壮大な叙事詩。1984年には、デビッド・リンチ監督が「砂の惑星」として映画化している。リンチ版「砂の惑星」でカイル・マクラクランが演じた主人公ポール・アトレイデスは、ビルヌーブ版では「君の名前で僕を呼んで」のティモシー・シャラメが演じることが決まっている。

 ちなみに、ビルヌーブ監督の「デューン 砂の惑星」は、「フォレスト・ガンプ 一期一会」のエリック・ロスが脚本を執筆。レジェンダリー・ピクチャーズが2部作として製作を行う予定。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >